海外でキャリーバックが壊れると、エラいことになる。『夢をかなえるゾウ』 水野敬也氏


そいえば、6月7月、スペインのLCCで、グランドアテンダントに散々止められた
ビクトリノックス キャリーバックが綺麗になって戻りました。

見事に修理されて^ ^
免責3千円 発生しました。

フィリピン渡航時、キャリーバックの取っ手が壊れてしまったのですが、
スペイン、ベルギー渡航時に修理していませんでした。

まあなんとかなるだろ

甘かった。

国内は

壊れ物として荷物検査を通りましたが、

まず、バルセロナで散々怒られました。

「壊れたバゲッジ持ってくるな。」と。

はい。。。おっしゃる通りです。

さて、修理の方はというと、

実際のキャリーバックの修理代は、見積もり価格を取っていないので、明確にはわかりません。

ビクトリノックスで修理を依頼する場合、通常空輸でスイスに運ばれます。
例えば時計の電池交換でさえ、スイス空輸で一ヶ月ほどかかります。

今回はクレジットカードの海外補償を使い、JALの修理をお願いしました。

記憶に粘る読書

情報は、旅の仲間が、ふと、気付いた事を、話してくれたから

クレジットカードの保険を使えました。

そういう仲間が、側にいてくれること。
日本国内にいてくれること。
とても嬉しいです。
感謝感謝の毎日です。

今日は、

『夢をかなえるゾウ』

水野敬也氏

飛鳥新社

<この書籍を読んでヒントを獲たい課題> 

■「夢を叶える最速の方法とは?」

■ 大テーマ
『先に自分が人に尽くす。』

■ 最初の一歩
ブログにまとめる

<もし著者様へ質問できるとしたら?>

■第一フェーズの質問 
「自分は一体何になりたいんだ?」

■第二フェーズの質問 
「戦略の中に笑いを取り入れるには?」

■第三フェーズの質問
「味わえる世界を作り出すには?」

<本書を「智識の仕入れ」→「実践」へ移す>

■第一フェーズ「人が欲しがっているものを先取る」

売上を上げるためなら、トイレ磨き
個人診断のばす。

■第二フェーズ「部外者から中心へ」

自分が本当に成功したかったら、1番身近な人の成功を助けろ
俺の法人格:部外者がどう頑張ってもつくれないコンセンサス

■第三フェーズ「偉人のように振る舞う」

足りない者を見つけたら、徹底的に愛情を注いで育てる。
育てた人はチームに招き入れる。
チームビルディングの先行投資。

■□■□■□■□■□■□■□■

課題解決の手法としてフォトリーディングを活用しています。

■□■□■□■□■□■□■□■

<見つけた解答(*本文のトリガーワードが含まれます。本書を読みたい方はここで、スクロールをストップして下さい。<(**)>)>

■□■□■□■□■□■□■□■


It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

投稿者: kenichi oki

【生きるテーマ】  1.時間×空間×出逢いの可能性を信じています。人と人が交わる火花散る瞬間。その音と薫りを生み出します。 2.アンブレイカブル(巨大な恐怖に折れない精神と強靭な心) 未だかつて見たこともない未開拓の場所 未開拓の人に会いに行きます。 命ある限り、みずみずしく、いつまでも若々しく健康でありますように。。。 折れない精神と強靭な心を維持すべく、 自分はエナジーを放出し、他の方が、辛い時には後ろ盾になる。 その目的を持って、いまこの一瞬一瞬を存分に楽しみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA